==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

学生 エリア・条件 一人暮らし



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 学生 エリア・条件 一人暮らし 』を紹介します。◆
学生 エリア条件 一人暮らし

一人暮らしのための部屋探しを始めるときは、まずどの駅の周辺に住むかを決める必要がある。

エリアを決めるときに一番大切なのは、通学に便利な立地かどうか。

通学所要時間も考慮に入れて探してみよう。

また、急行や特急が止まる駅なのか、各駅停車しか利用できない駅なのかも影響する。

次に生活費。

親に仕送りをしてもらうのなら、毎月決まった額面を送ってもらうパターン、もうひとつは一括でお金をもらって、自分で家賃と生活費をやりくりするパターンがあるだろう。

後者は、仕送り総額から自分の判断で決定することになる。

一般的に、仕送り総額から生活費として6〜7万円を差し引いた額が、家賃に回せる予算の目安だ。

これを参考に家賃の額を算出するか、仕送り額を親と再交渉して、予算設定しよう。

住宅の広さは「洋室(和室)/○畳」「専有面積/○m2」というふたつの数字で表される。

専有面積というのは、台所や浴室などを含めた、全体の面積という意味だ(バルコニーの面積は含まれない)。

鉄筋(または鉄筋鉄骨)コンクリート造のものをマンション、木造や軽量鉄骨造の建物をアパートという。

一般にマンションのほうが防音性や耐火性に優れ、賃料は高めに設定されている。

「学生会館」や「学生寮」はもちろん学生専用。

通常は管理員常駐で食事付きのケースが多く、ひとり暮らしが不安だという人にはおすすめ。

「学生専用賃貸住宅」は、構造や管理形態などは一般賃貸住宅と同じで、入居者を学生に限定してある。

ひと月単位で契約するのが「マンスリーマンション」。

いずれも、賃料設定がそれぞれ違う。




posted by 孤独も好きかも! at 14:00 | 学生の一人暮らしについて
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。