==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

一人暮らしのお手軽健康診断



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らしのお手軽健康診断 』を紹介します。◆
一人暮らしのお手軽健康診断

一人暮らしとはつきつめていえば、自己管理といっていいでしょう。

その自己管理にもいろいろありますが、その中でも最たるものが、健康管理ではないでしょうか。

何をするにしても、この健康な体を前提に成り立っているものです。

そんな大事な健康管理ですが、なかなか普段からそのことについて気を配るというのは大変なのも事実です。

総じて、病気になったりしてようやく、健康対策に、重い腰を上げるものですが、そういった自覚症状がはっきりして来たときには、病気の症状もかなり進行してしまっていることも少なくありません。

そうならないためにも、自分の体について定期的に健康診断をしたいものです。

勤めていれば会社で、年一回健康診断を実施してくれたりします。

でも年に1回では間隔が空き過ぎです。

それにフリーランスの人などは、自腹でやらなければいけません。

しかし、この健康診断も実際、ひどく面倒です。

病気の自覚症状があるならまだしも、健康だと思っているのに、わざわざ病院に出かけるのも気が重いことでしょう。

本格的な健康診断の代表格、人間ドックなどは、2日がかりといったこともあります。

そこでおすすめなのが、「献血」です。

レントゲンや胃カメラはないですが、血液という、健康状態がダイレクトに反映されるデータを教えてくれるのです。

エイズ検査目的としての献血は禁止されていますが、自分の健康状態チェックがてらの献血だったら、許されるでしょう。

献血は1回とると次できるのは、約3ヵ月後になります。

年4回ほどできることになります。

献血後、自宅へ血液データが配送されますが、そこには、過去2回のデータも記載されているので、コレステロールの移り変わりなんてのも数値で確認できて便利です。

ボランティアにもなって、自分の健康診断にもなる献血、おすすめです。





posted by 孤独も好きかも! at 13:28 | 一人暮らしの健康管理

上手な睡眠のとり方



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 上手な睡眠のとり方 』を紹介します。◆
上手な睡眠のとり方

では、上手に睡眠をとるためには、どうすればよいでしょうか?より質の高い睡眠をとり、ストレス解消を促すためのポイントを以下に挙げてみました。


・就眠前のリラックスタイム
寝る直前までテレビを見たりPCで作業をしたりして神経を興奮させると睡眠の質が悪くなります。

部屋の明るさ、静けさ、音楽、香りなどを調節してリラックスし、就眠までに少しずつ神経を休めていけば、より良い安眠が得られます。


・寝るタイミングを逃さない
体温の変動の観点から言えば、夜11時頃に就寝して朝6−7時頃に起きるのが理想です。

就寝時間を一定にすることが重要です。


・入浴や運動で体温を上げる
入眠時には体温が下がります。

入浴や運動で体を適度に温めると、放熱が始まって体温が下がり始めます。

入浴や運動は寝る直前だと体温が高いままになってしまい眠りにくくなることもあるので、入浴や運動後にゆっくりできる時間を取ることが大切です。


・食事の工夫
胃が活発に動いている間は神経も活発に機能しているため、寝つきにくくなります。

寝る2時間前にはカフェインの入ったものを口にしない、消化の悪いもの(揚げ物など)も避けましょう。

「おなかがすいて眠れない〜」と感じた時には、体内で睡眠物質に変わるトリプトファンを含む牛乳を少し暖めて飲む事をお薦めします。

また、寝る前に冷たいものを摂ると夜中に目を覚ます原因になることもあります。


・環境の調節
室温を25〜28度、湿度を50〜60%が睡眠には適していると言われています。

暑い日にはエアコンの温度を調節したり、手足の出る服を着て、熱を放出させるとよいです。

また、室温が高くても湿度を下げると快適に眠ることができます。

また、冬には加湿器をかけるなどして湿度を上げるようにすると良いでしょう。


・起きたらまず朝日を浴びる
睡眠ホルモン「メラトニン」は強い光を浴びると分泌が抑制されます。

眠くても、とにかくカーテンを開けてみましょう。

ベッドとカーテンを近づけることもポイントです。


・朝食に温かい飲み物を飲む・食事を摂る
睡眠中に下がった体温を上げる効果があります。


また、布団やベット周りのインテリアをリラックスできるもので揃えてみるのはいかがでしょう。

心の休まる暖色系のファブリックや、自分に合った枕、照明器具を落ち着いた柔らかな光のものに変えたり、アロマや音楽に凝るのも、一人暮らしならではの楽しみにもなります。


posted by 孤独も好きかも! at 06:32 | 一人暮らしの健康管理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。