==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

一人暮らし カビ取り方法



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らし カビ取り方法 』を紹介します。◆
一人暮らし カビ取り方法

今回は、カビ・ダニが発生しやすい場所別のお掃除方法をご紹介します。


■浴室
一番カビが発生しやすいところです。

入浴後、熱いシャワーで石けんのカスやアカなどカビの餌を出来れば毎日洗い流すようにします。

お湯の高温はカビ撃退に有効ですが、そのままだと水蒸気が壁や天井などに付いカビの原因になるので最後は冷水で流します。

そうじの後は換気扇をまわして、湿気を充分に逃がして下さい。

 
■台所
煮炊きしている時は必ず換気扇をまわします。

とびちった食べ物の汁などは、カビの食料になるので、まめにふき取りましょう。


■押入れ
ふとんを詰め過ぎないことが大切です。

汗を吸ったふとんは少し干してから押し入れに入れる方がいいのですが、干せなくても、時間をおいて乾燥させてからしまいましょう。

 
■エアコン
エアコンはまめに掃除することをお勧めします。

フィルターはカビが繁殖しやすいのです。

運転の前には窓をあけて送風運転をし、スイッチを切るにも送風運転に切り替えて、エアコン内部の水分を飛ばすようにすればカビは防げます。


■下駄箱
濡れた靴や湿った靴は、乾いてから下駄箱に片付けます。


下駄箱は掃除機で掃除をし、戸を開けて換気します。

除湿剤を入れておくとベストです。


■窓周り
換気に気をつけ結露を作らない、できた結露はまめにふき取ることが大切です。

結露が多い窓には、夜間、新聞紙を貼り付けておけば、水分を吸わせて新聞紙ごとふき取ることができます。

 
■床
カーペットはダニが生息しやすいので掃除機でていねいに掃除します。

6畳間なら3分以上かけることが目安だそうです。

ただし、古いタイプの掃除機はせっかく吸ったダニやカビを機械の外に排出していることがあるので、掃除機は新しいタイプのものをお勧めします。

 
■布団
ふとんのダニを退治するには、晴れた日にふとんを干して熱に弱いダニを殺し、さらに表面に出てきたダニやその死がいを掃除機で吸い取るのが効果です。

ただ、冬はふとんを干しても中の温度が上がらず効果がありませんので冬はふとん乾燥機を使った方がいいです。

 




posted by 孤独も好きかも! at 13:49 | 一人暮らし 掃除知識

一人暮らし カビについて



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らし カビについて 』を紹介します。◆
一人暮らし カビについて

前回、カビを防ぐためには「換気」が有効であるとお話しましたが梅雨時の換気は、晴れた日に行ってください。

換気のつもりで窓を開けても、梅雨や秋の長雨の時は逆効果です。

気温も湿度も高い外の空気が室内に侵入してしまいますから気をつけましょう。

もし部屋の中でカビを見つけてしまった場合、そのカビを取り除きますが カビは表面をこすったり、ふくだけでは、再び発生してしまいます。

カビは菌なので、そうじというより消毒をする必要があります。

少し細かい話をしますと、カビには胞子と菌糸とがあります。

胞子は植物の種子のようなもので、生育の条件がそろうと発芽して菌糸を伸ばします。

カビの根と思われているものは、実は根ではなく材質に入りこんだ菌糸なんです。

カビは菌糸ではなく胞子に色がついていることがほとんどです。

しかし、浴室等でよく見られるクロカビは、菌糸にも特徴的な黒い色(メラニン)がついています。

カビを殺しただけでは色素は残ったままですので、この色素が汚れとして残ってしまいます。

ですから、カビ掃除では消毒をした上で、この色も取らなければ外観上はきれいになりません。

色が取れないからといって、間違ってもカビの上から塗料を塗ってごまかさないで下さい。

キレイになったようで実は、塗料を栄養源にしてどんどん増えて、表面に出てきます。

 消毒と漂白を兼ねた「次亜塩素酸ナトリウム」が主成分の防カビ剤でキレイになります。

このとき酸性タイプの洗浄剤を同時に使うと、化学反応を起こして塩素ガスを発生し、とても危険です。

「まぜるな危険!」と表示された洗剤を手にしたら、使用上の注意をよく読むようにしましょう。

また、部屋でカビを見つけた場合、旧タイプの掃除機で吸い取らないで下さい。

旧タイプの掃除機は、吸い取ったカビの胞子を排気口から出して部屋全体にまき散らすのです。

掃除機でカビを吸い取るなら、カビや細菌の抑えるフィルター付など、排気がクリーンなタイプのもので行う事が賢明です。

 


posted by 孤独も好きかも! at 13:47 | 一人暮らし 掃除知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。