==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

家計簿で自分探し



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 家計簿で自分探し 』を紹介します。◆
家計簿で自分探し

一人暮らしでやりくりする上で必要なのは、自分の支出データを把握することです。

雑誌やテレビ等で、これがお得だよ、とか情報を得たとしても、その情報の、自分の家計におけるウェイトが低いものであれば、その分、効果は期待できないわけです。

まず、1ヶ月でも通して家計簿なりをつけてみて、自分の支出の傾向をつかんでいきましょう。

そのときのコツとしては、あまりおおまかな分類よりも、具体的なカテゴリで支出を分けていくことです。

ただ、単に食費として、区切るのではなく、買った場所や時間などで区切ってみます。

例えば

「食費>コンビニ」とかです。

そもそも、食べ物を買おうか、とあらかじめ目的をもってコンビニに行くってことはあまりないと思います。

食べ物を買う、というのが目的なら、スーパーに行くのが安いし、選択肢があるしで、一番効率的といえます。

それなのに、食費の中に「コンビニ」という費目が目立っているようなら、そこは分析しがいがあります。

そのデーターから、仕事帰りの帰宅ルートにコンビニ通いが習慣になっていないか、朝食を食べる時間がないから、コンビニでおにぎりを買っているということはないか、新商品のスィーツを全制覇していないか、というようなことが、読み取ることができるのです。

その時、購入した時なんかは、必要に迫られて、もしくはムラムラッと、買いたくなってとか、気持ちが買わなきゃ!のベクトルに大きくふれていますから、冷静な判断は難しいです。

一ヶ月通して出てきたデーターなら、冷静に自分の行動パターンを把握できます。

自分のことはなかなかよくわかっていないもの。

家計簿をつけていくことで、案外、自分の知らなかった自分が見えてくるかもしれませんよ。

こんな「自分探し」やってみませんか?






posted by 孤独も好きかも! at 15:54 | 一人暮らしの節約

医療保険 一人暮らし 節約



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 医療保険 一人暮らし 節約 』を紹介します。◆
医療保険 一人暮らし 節約 


シングルの人は保険について真剣に考えない傾向があると思いますが、シングルの人にとっても保険は必要なもの。

今まで大きな病気をしたことがないから、と保険に入っていない人もいるかもしれませんが、保険は元気なときしか入れません。

病気になってからでは遅いので、真剣に検討したいものです。

シングルの人の保険は、親などを扶養している人でない限り、高額な死亡保障は必要ありません。

そのかわり、病気やケガなどの生存中に起こるリスクに備えることが必要です。

自分の身体は自分で守るという意味でも医療保険で備えるようにしましょう。

目安としては会社員の場合、入院日額5000円〜7000円程度。

フリーランスや自営業の人は収入減のことも考えて入院日額1万円程度。

を確保するようにしましょう。

最近は1泊2日の入院で給付金がおりるタイプが主流です。


でも同じ1泊2日からの保障でも保障期間や最長何日間の入院まで保障されるかなど、様々な条件が違っています。

そこで、医療保険を選ぶときのチェックポイントを確認してみましょう。


(1)入院日額はいくらか
(2)入院何日目から、保障が開始されるか
(3)1回の入院で何日まで保障されるか
(4)保険期間中、通算で何日まで保障されるか
(5)保障期間は何歳までか、終身か
(6)死亡保障はついているか。

その額はいくらか
(7)保険料の払込はいつまでか
(8)手術給付金はいくらか
(9)退院祝金や通院保障はついているか。

その条件と
   額はどうなっているか
(10)成人病や女性疾病の保障はどうなっているか
(11)無事故給付金はついているか。

その条件と額はどうなっているか
(12)その他、どのような保障がついているか
同じ入院日額を保障するものであっても、たとえば1回の入院が60日、120日、730日などの違いによって、保険料は異なりす。

また、同じ商品でも保険料を終身で払い続ける場合と、60歳払い済みにする場合とでは月々の負担は大きく異なります。

種類の同じ保険について各社の商品を比較するには、以上のようなチェックポイントで、できるだけ条件を揃えて検討してみることが大切です。

保障を手厚くすれば毎月の保険料は高くなります。

短い入院で保険金が給付されるほうがいいのか、それとも長期入院に備えたいのか、自分で一番不安な部分は何かを考えて、それをカバーしてくれる保険を選ぶようにします。

また、医療保険は基本的に掛け捨てですから、保険ですべてカバーしようとしないで、貯蓄と両方で備えるのが賢い方法です。


posted by 孤独も好きかも! at 15:46 | 一人暮らしの節約
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。