==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

年金の分割



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 年金の分割 』を紹介します。◆
年金の分割

第3号被保険者であった場合は離婚時に夫の年金を分割できるようになります。

この制度は2007年4月1日から施行されます。

結婚期間中に支払った厚生年金保険料は夫婦が共同して負担したものとみなされるようになったからです。

第2号被保険者同士の場合も夫婦2人の厚生年金保険額の内、婚姻期間中相当額の最大1/2を分割することが可能になります。

2号と1号、2号と3号の間においても当事者間の合意や裁判所の決定があれば分割可能です。

分割割合は必ずしも1/2ではなく、婚姻期間中の夫婦の厚生年金保険料納付額の最大1/2の範囲で協議して決定します。

施行日前の婚姻期間も対象となります。

夫婦が協議して決めた分割割合を社会保険事務所に届出します。

夫婦の合意が原則であり、合意にいたらない場合は裁判所の調停などにより分割割合を決定します。

さらに第3号被保険者の場合は2008年4月1日以降の結婚期間は、自動的に夫の厚生年金保険料納付額の1/2が分割されます。

夫の合意は不要です。

注意することは分割の対象は厚生年金のみで、2007年4月以降に成立した離婚からです。

それ以前に離婚した夫婦の年金は分割対象外となります。

2007年3月までは、第3号被保険者がもらえる年金は老齢基礎年金のみで、満額でも1年につき\794,500しかもらえませんでした。

離婚を考えている人はこういったことも考慮することも必要でしょう。

ただ結婚期間が短い場合はあまり考慮する制度ではないので、そこに固執せずに自立できる生活を早く作り上げる方が得策です。




posted by 孤独も好きかも! at 02:52 | 生活援助・制度・支援

国民年金について



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 国民年金について 』を紹介します。◆
国民年金について

国民年金(基礎年金)とは20歳から60歳未満の日本国内に住む人(外国籍の人を含む)全員に加入が義務づけられている年金制度です。

加入者は以下の3種類にわけられます。


第1号被保険者:
自営業・自由業・農業などに従事する人とその配偶者及び学生

第2号被保険者:
厚生年金または共済年金に加入している人

第3号被保険者:
第2号被保険者に扶養されている配偶者。

離婚をしたら婚姻にあなたが加入していた年金の種類を確認して変更手続きを必ず忘れずにおこなわなければなりません。

あなたの老後の生活を支えるだけでなく、万が一母親が死亡した場合に子供の生活の保障になる遺族年金などが加入期間に空白ができるともらえなくなる可能性があるからです。

第1号被保険者の場合は離婚により住所や氏名が変更になっても転出届を出せば、国民年金の変更手続きは不要です。


第2号被保険者であった場合は、離婚後も仕事が変わらないなら変更手続きは離婚したことを会社や組織に報告するだけです。

保険料は給料から引かれている厚生年金や共済年金に含まれていますので、個人で納める必要はなく後は会社や組織が手続きをしてくれます。


第3号被保険者とは専業主婦や扶養範囲内でパートをしている主婦などのことです。

保険料は夫の所属している会社や組織の厚生年金保険や共済組合から拠出金として支払われていたため、離婚後はその資格を失います。

ですので離婚後に自営業や自由業に従事する場合や、まだ仕事が決まっていない場合も、第1号被保険者になるための変更手続きを住まいの市区町村の年金窓口で行なわなければなりません。



posted by 孤独も好きかも! at 02:50 | 生活援助・制度・支援
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。