==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

保険と病気(一人暮らし)



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 保険と病気(一人暮らし) 』を紹介します。◆
一人暮らし 病気保険

突然ですが、保険、入ってますか?「結婚もしていないし、まだ自分には必要ないでしょう」と思っています?

確かにそんな若者はたくさんいますね。

ですが、

若者だから病気はしないのですか?ケガには縁がないのですか?

そんな事はありませんよね。

バイクに乗る方は、いつも事故の可能性があります。

工事現場でアルバイトをする人は、いつもケガをすることに気をつけます。

今の時代、普通に電車に乗ってても、道を歩いていても危険と隣り合わせです。

そう考えると、一人暮らしだからこそ保険に入っておくことが大切ですね。

自分の生活を自分で守らなければならない一人暮らしだからこそ急な病気の備えは大事になってきます。

保険に入っていないという人は今から検討してみましょう。

できれば避けなければならないことですが、万が一大きな病気や怪我で治療費が高額になったり、また入院することになってしまうこともあります。

医療費は健康保険で3割負担となっていますが、入院中の食事代や病衣代、差額ベッド代(個室などを利用した場合)は自己負担、また場合によってはその間仕事ができず収入が不安定になることも充分に考えられるわけですから身体だけでなくお金のことも心配しなくてはならなくなってくるのです。

今日からでも遅くはありません。

あなたにあった保険について調べてみましょう。

自分の健康や生活のサポートとなるような保険に入っておくと安心です。

シングルの一人暮らしの場合なら、保険料が手ごろで、入院時の保障が厚い医療保険・入院保険がおすすめです。

現在各社サービスが非常に多彩になっているので、何日目から支給されるのか、どのような病気に適用されるのかといった内容をよく確認してから加入してください。





posted by 孤独も好きかも! at 14:10 | 一人暮らしの病気の対策

一人暮らしの病気と対策



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らしの病気と対策 』を紹介します。◆
一人暮らし 病気と対策

一人暮らしで一番怖いのは病気になることです。

一人暮らしではどんなに体調が悪くても、誰かが看病してくれるわけではありません。

元気なときには健康の大切さを意識しにくいかもしれませんが、いつ何時病気や怪我に見舞われるかは予期できることではありません。

そうした意味でも一人暮らしの健康管理はとても大切です。

急な病気や怪我のための備えと、いざというときの対応方法について常日頃から考えておきましょう。


<健康診断を定期的に受けよう>
定期的に健康診断を受けて、自分の健康状態を把握し、早めに対応することが大切です。

日頃健康のように感じていても、医療機関できちんと健康診断を受けることを必ず実行するようにしましょう。

たとえ大きな病気だったとしても、その兆候に早く気づけば、対応の幅も広がり、精神的にも安心できます。

学校や職場で受けられる人は問題ありませんが、受けられない人は近くの病院や地域の公共サービスなどを利用して、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

検査項目や費用については事前に連絡をして確認しましょう。

また、どうしても時間がとれないという人には、自宅で受診できる「コンビニ検診」というサービスもあります。

自分で採取した血液・尿・便を郵送することで、健康診断が受けられるサービスがありますので、確認してください。


<応急処置ができる救急箱があれば安心>
夜中のの急な発熱、料理中の包丁での切り傷、虫刺されなど一人暮らしでもすぐに薬が必要になることがあります。

救急箱は災害時にも役立ちます。

急な発熱、切り傷・擦り傷など、病院に行くほどではない症状や病院に行く前の応急処置に用意しておくと安心です。

また、体調が優れないときほど栄養価の高い食事が大事ですが、調理に立つのはなかなか大変。

すぐに食べられれるレトルト食品などの簡単な食事を用意しておくと便利です。

薬には有効期限があります。

一年に一度は中身を
確認し、期限の過ぎたものは新しいものに買い換えておきましょう。


<近所の病院の場所を調べておこう>
病気になってから病院探しをするのは大変ですので、元気なうちに病院の場所と連絡先は確認しておきましょう。

日頃は使うことがなくても、どこにどういった病院があるのか、かならず確認し、連絡先をわかりやすいところに控えておきましょう。

どこに病院があるか検討がつかないときは、自分の住んでいる自治体のガイドブックなどで確認しておきましょう。

なお、病院に行く際は保険証が必要です。

病院の連絡先と一緒にわかりやすいところに置いておくようにしましょう。


<一人暮らしだからこそ保険に入っておこう>
医療保険に入っていますか?自分の生活を自分で守らなければならない一人暮らしだからこそ急な病気の備えは大事。

保険に入っていないという人は今から検討してみましょう。

万が一大きな病気や怪我で治療費が高額になったり、また入院することになってしまうこともあります。

医療費は健康保険で3割負担となっていますが入院中の食事代や差額ベッド代(個室などを利用した場合)は自己負担、また場合によってはその間仕事ができず収入が不安定になることも考えられ、身体だけでなくお金のことも心配しなくてはなりません。

「結婚もしていないし、まだ自分には必要ない」と思うかもしれませんが、自分の健康や生活のサポートとなるような保険に入っておくと安心です。

シングルの一人暮らしの場合なら、保険料が手ごろで、入院時の保障が厚い医療保険・入院保険がおすすめです。



posted by 孤独も好きかも! at 14:07 | 一人暮らしの病気の対策
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。