==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

一人暮らしに効く「メンタフ」を鍛える 



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らしに効く「メンタフ」を鍛える  』を紹介します。◆
一人暮らしに効く「メンタフ」を鍛える 

一人暮らしのストレスマネージメントは大変重要ですが、日ごろからストレスを溜めないようにする行動や考え方を学ぶことで、メンタルタフネスを鍛えましょう。


@「考え方」が変わると「感情」や「行動」も変わる
「感情」は「出来事」によって直接引き起こされると考えられがちです。

例えば

「恋人に批判された」という出来事があった場合に、Aさんは「強い怒り」を感じたとします。

 一般的には、「これは自然な感情だ」とか「彼女(彼氏)に批判されたら誰でも怒るよね」と思ってしまいがちです。

しかし、同じように「恋人に批判された」という出来事があっても、Bさんは「不愉快だけど、まあ、たいしたことじゃないよ」という感情を持つ場合があります。

メンタルタフネスを鍛えようとする方は、この2人の感じ方の違いに気が付きますね。

そうです!

それは2人の「考え方=思考、認知」が違っていたからです。

「強い怒り」を感じたAさんは、おそらく次のような考え方をしています。

・批判されるなんて私には耐えられない
・あんなことくらいで彼女(彼氏)は私を批判すべきじゃない
・私は批判などされるような人間じゃない
このように考えたAさんは、こんな風に感じたり、行動したりするはずです。

・あんな批判を受けるなんて、自分はもうおしまいだ
・あいつは絶対に許せない
・あいつと別れてやる

一方、「不愉快だけれど、まあ、たいしたことではないや!」と感じたBさんは、Aさんとは違った「思考」をもっています。

・批判されないにこしたことはない
・しかし、批判されることも時にはありうる
・まあ、批判されてもこの世の終わりというわけではない
そして、Bさんの感情や行動はこんな風だったのではないでしょうか。

・批判されたことは勿論楽しいことではない
・相手も虫の居所が悪かったのかもしれない
・この批判から何か学べることもあるかもしれない

AさんとBさんを比べてみると、Bさんの感情や行動の方が、Aさんより、自分が楽なのは明らかです。

このように、「楽で前向きな思考」を持った場合には「自分が楽になる感情や行動」につながり、反対に「辛く後ろ向きな思考」を持った場合には「自分を苦しめる感情や行動」を引き起こしてしまうのです。

メンタルタフネスを鍛える際の本質は、辛く後ろ向きな思考に縛られるのではなく、自分が楽になる思考を選んでいくことで、自分の良い感情と良い行動を促すところにあります。

これには、自分の思考がどんなものなのかについての気づきと、意識的に思考を選択しようとする意志が必要になります。





posted by 孤独も好きかも! at 21:56 | 一人暮らしの病気の対策

一人暮らしとストレス



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らしとストレス 』を紹介します。◆
一人暮らしとストレス

一人暮らし」特有のストレスと悩みのキーワードは、「変化」と「孤独」だといわれています。

一人暮らしを始めるきっかけには色々ありますが、「入学」「就職」「転勤」「離婚」など人生における大きな転機=変化がきっかけとなる場合が多いようです。

そのような一人暮らしを開始するときには「引越し」という更なる変化が伴います。

住環境や生活環境が変わり、慣れない景色やお店、人々との付き合いが始まります。

たとえどのような「変化」でもそれは人にとって刺激、つまりストレスになります。

変化があると私たちはその変化に自分を合わせたり、変えたり、適応させる必要が出てきます。

それがある程度の負荷になるのです。

一方、初心者からベテランまで、一人暮らしにもれなくついてくるのが、「孤独」です。

家族と同居していれば、ちょっと辛いことがあった時にも、別に相談をしなくとも気持ちがまぎれますし、一人で考え込む時間が少なくなります。

 悩みがあるときも、家族がそばにいれば、横から馬鹿話をされたり、どうしたの?と心配してくれたり、又は瑣末な日常のあれこれに巻き込まれたりするうちに、気持ちが切り替わることが多いですが、一人暮らしはそうはいきません。

沈んだ気持ちにストップをかけたりヘルプしてくれる人は、自分から積極的に探さない限りそばには存在しないのです。


posted by 孤独も好きかも! at 14:14 | 一人暮らしの病気の対策
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。