==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

カップ麺 スープのアレンジ



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 カップ麺 スープのアレンジ 』を紹介します。◆
カップ麺 スープのアレンジ

カップ麺のアレンジですが、今回はスープにこだわってみましょう。


・タンタン麺風
寒い季節には、体の内からぽかぽか暖まりたいものです。

そんな時は、唐辛子の力を借りましょう。

サラダ油を適量、フライパンに流しいれ、熱したら、豆板醤をお好みの分量、フライパンの地肌に入れて火入れします。

ツーンと豆板醤が香ったら、カップ麺にいれる分量のお湯をいれます。

煮立ったらスープのできあがりです。

あとは、このスープでカップラーメンをつくるだけです。

ポイントは、豆板醤をそのままラーメンのスープに入れるのではなく、油で一回熱を通すことで、豆板醤の辛味が引き立ち、また香り豊かになる、ということです。

この調理法は麻婆豆腐を作る時にも応用できます。

豆板醤を投入するとき、すぐ挽肉に混ぜ合わせるのではなく、鍋の地肌に直接入れて、香りを出すようにするといいですよ。

もし、より辛味が欲しい場合は、豆板醤を油に入れる前に、鷹の爪をお好みの分量、弱火でじっくり炒めると、さらに辛くなります。

スープのコクをより深めたい場合は、やはり豆板醤を入れる前に、ニンニク、生姜、ねぎのみじん切りを弱火で炒めて、油に香りを移す作業をすると、とてもおいしくなります。

あとは、ラーメンのスープの味との加減ですが、お好みで、コチュジャン、ラー油、ごま油、キムチの素とかをいれてみるのもいいかと思います。


・お茶ラーメン
カップラーメンを作るときに、お湯のかわりに緑茶を使う調理法です。

これは、ちょっと思いつかない組み合わせですし、どんな味がするのか、想像つかないと思いますが、かなりいいマッチングになっています。

緑茶がベースになっているためか、とてもさっぱりとした味わいになります。

注意することは、あまりに濃くお茶をいれすぎると渋みが強調されてよくないので3番茶くらいの濃さくらいでつくるのがポイントです。


・スタミナスープ
カップ麺をつくる時、お湯の代わりにニンニクわかめスープを使います。


ニンニクわかめスープの作り方は簡単です。

適量のサラダ油にニンニクスライスをいれて弱火で炒めます。

ほんのり色づいてきたら、お湯、鶏がらスープの素を入れます。

煮立ったら、わかめを入れて、仕上げにごま油をたらして出来上がりです。

このままでも滋味あふれておいしいですが、これをカップ麺のベーススープとして使うことで、カップラーメンをよりおいしく、栄養があるメニューに仕上がります。





posted by 孤独も好きかも! at 13:19 | 一人暮らしのレシビ

一人暮らしとインスタントラーメン



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らしとインスタントラーメン 』を紹介します。◆
一人暮らしとインスタントラーメン

一人暮らしの食生活で外すことのできないのが、インスタントラーメン。

コンビニのカップラーメンコーナーに並ぶ新商品をついチェックしてしまうのは、一人暮らしの性でしょうか。

最近のカップラーメンは、有名ラーメン屋さんとのコラボが増えてきていますね。

ラーメンの鬼、佐野実プロデュースのカップ麺が最近はよく目にとまります。

カップ麺に限らず、全国の有名ラーメン屋やラーメン博物館の生ラーメンお取り寄せセットとかも人気がありますね。

これから冬を迎え、北海道は札幌のすみれの味噌ラーメンなんかが、しばれる寒さには、ききそうです。

さて、今回は、いつでも気軽にさくっと食べれる、というカップラーメンの特性に注目して、いかに、よりおいしくカップ麺を食べれるかということにフォーカスしてみます。

最近のインスタント麺はデフォルトで十分においしいですが、ちょっと値段も300円近くしてしまうので、これをカスタマイズするのはもったいないです。

ですので、スーパーで70円くらいで買える、カップヌードルとか、カップスターやチャルメラとか袋入りインスタントラーメンを対象にしてみます。

これはこれで、昔から変わらない定番の味という意味で、味わい深いものがありますが、馴染み深いからこそ、ここはマンネリから外れていつもと一味違ったカップ麺作りを楽しんでみましょう。

袋入りのインスタントラーメンだったら1個あたり20円くらいで買えますし、非常食として常備するのにもいいですね。

カップラーメンというとただ、お湯を入れるだけ、ということで、料理とみなさないような人もいますが、結構、カップ麺料理も奥が深いです。

ただ、素材がカップ麺になったというだけで、通常の調理技術、テクニックはそのまま応用できるので、今回紹介する以外にも、いろいろと試してみると、面白い発見があるかもしれません。

そういう意味で、料理は化学の実験と似ているといえます。

素材を100円未満のカップ麺に限定することで、かえって、どうアレンジするかの面白さ、醍醐味が味わえるのではないでしょうか。



posted by 孤独も好きかも! at 13:18 | 一人暮らしのレシビ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。