==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

炒飯レシピ



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 炒飯レシピ 』を紹介します。◆
炒飯レシピ

ごはんを冷凍保存すると、食べたいときにすぐ食べれるので便利です。

ただ、家庭の冷凍庫は温度変化が激しいので、あまり冷凍状態を過信しないで、1ヶ月以内をめどに食べきりましょう。

冷凍保存したごはんの再活用として、人気があるのがチャーハンですね。

今回は、おいしいチャーハンの作り方を紹介します。

下ごしらえ

1.
冷凍ご飯をラップなしで電子レンジ解凍する。
(水分をとばすことと、フライパンの温度が下がらないよう、ごはんをあたためる役割があります)


2.
溶き卵をつくる。

1人分卵2個。

刻みねぎを卵の中に入れておく。
(卵の乳化作用を利用してごはんを包み込む必要があるので、卵1個では不足です)テフロン加工フライパンの場合@フライパンに適量のラードをいれて、強火で熱する。

油から白い煙がでてきたら、溶き卵2個分を流しいれる。

この時、卵がフライパンにはりつくくらいだと、油がまだ少ない。

溶き卵が油に浮いているくらいの状態なら、卵がぶわっとふくらむので、さっとへらやお玉でかきまぜ、すかさず、ごはんを投入する。


3.
あとは、ひたすら、ごはんのだまがなくなるようお玉の底で、ご飯を押しつぶすようにほぐしながら炒めていく。

コンロからフライパンが離れると温度が下がるので、過剰な動きをしない。

4.
ご飯がばらけてきたら、塩、コショウ、味の素もしくは中華スープの素をふりかける。

炒めつつ、時折味見して、味加減、炒め具合をチェックする。

5.
仕上げに醤油をジュッとなべ底に伝わるよう、垂らす。

この醤油はあくまで香り付けのためなので、塩加減に影響する程度までは入れない。

さっとまぜて、できあがり。



<中華鍋の場合>

1.
まず空焼きをする。

油をひいていない状態で、鍋から煙がでるくらいまで熱する。

強火。

2.
次に、鍋に油をなじませる。

中華鍋全体に油がゆきわたるようにする。

この油はサラダ油でOK。

ここは中火でOK。

3.
ラードを入れて、強火で熱する。

あとはテフロンフライパンと同じ。


家庭でおいしいチャーハンを作るポイント
・ごはんの水分をとばすこと(火力が小さいため)
・ラードや牛脂を使う。

(中華料理屋の味になります)
・卵の乳化作用を活用(卵を半熟状態でごはんをコーティングするイメージ)






posted by 孤独も好きかも! at 13:24 | 一人暮らしのレシビ

ごはんの保存法



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 ごはんの保存法 』を紹介します。◆
ごはんの保存法

自炊というと、言葉のとおり、自分でご飯を炊くという意味になるでしょうか。


でも、一人暮らしの食生活だと、このご飯を炊くという、ことですら、上手にやろうとすると、案外難しいものです。

何が難しいかというと、ご飯を炊く量、そして、その保存法です。

一人暮らしですから、食べる分、1合弱、毎回食べる度に炊飯すればいいんでしょうけど、ごはんって、少ない量を炊くよりも、ある程度まとまった量を炊いたほうが味がいいわけです。

ご飯のおいしさを求めて、3合、4合炊いたはいいものの、あまったご飯を冷蔵、冷凍すると、今度は味が格段に落ちてしまいます。

この二律背反がけっこう悩ましい問題です。

今回は、この、ごはんをおいしく保存する方法を紹介します。

ごはんは炊きたてが一番おいしい状態です。

それがそのままの状態でほうっておくと、時間が経つごとに味が劣化していきます。

なぜ味が劣化するかといいますと、ごはんの成分、でんぷんが原因です。

ご飯がたかれた状態のとき、デンプンは消化のよいアルファデンプンに変化するのですが、冷えてしまいますと、アミロースが溶け出し、ベータデンプンに戻ってしまうのです。

これをでんぷんの老化現象といいます。

このデンプンの老化がおきやすい温度がだいたい0〜4度なんですが、これは冷蔵庫の温度に近いですよね。

ですので、ご飯を冷蔵保存しておくのが、もっとも味の劣化がすすむ状態といえるわけです。

ごはんの保存には、できるだけ早く冷凍するのが一番です。

ご飯が炊き上がったら、もう、すぐに密閉状態を保てる容器に移します。

ラップで包んでもいいです。

ラップの場合は、さらにジップロックのようなビニールにいれ、二重包装の形にするといいでしょう。

できるだけ早く冷凍できるよう、薄くひらべったい状態が理想です。

あとは、電子レンジで、ラップごと、容器ごと(電子レンジOKの素材に限ります)チンすれば、また炊きたてと同じように食べれます。

電子レンジで解凍するときは、あまりに多くやろうとするとムラができやすいので、食べる分だけひとつずつやっていきましょう。

味のことを最優先するなら、蒸し器で、解凍するのが、一番、炊きたての再現に近いです。

だいたい10分くらいかかるので、ちょっと手間がかかりはしますが、とてもおいしく仕上がります。


posted by 孤独も好きかも! at 13:23 | 一人暮らしのレシビ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。