==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

一人暮らし 団塊世代



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 一人暮らし 団塊世代 』を紹介します。◆
一人暮らし 団塊世代 

一人暮らしの高齢者世帯は依然として増加の一途を辿っている。

中でもここ数年、団塊世代の一人暮らし世帯が増えている。

実は、この「団塊の世代」を中心とした55〜59歳の男性が自宅の火災で死亡するケースが全国で増えているのだ。

死者は「無職」「一人暮らし」の割合が高いことが消防庁のまとめでわかった。

明確な理由は定かではないが、わが国の高度経済成長を支えてきた世代がリストラに遭い、家族と別居せざるをえなくなった、という生活の変化が背景にあるのではないか、との見方が出ている。

火事の特徴としては、飲酒して寝ているうちに消したはずのたばこがくすぶって出火、一人暮らしのため出火に気付かずに逃げ遅れ、煙を吸い込んで死亡――というケースが際立って目立っているのが現状だ。

また、北海道においても全国と同様の傾向が出ている。

道防災消防課によると、05年の男性の死者は57人おり、このうち56〜60歳が全体の約4分の1の13人を占め、各年代の中でトップ。

「無職で1人暮らし」という死者の特徴も共通している。

同庁は「この年代の死亡率がなぜ高いのか、背景分析はできていないが、生きることに前向きでない人が多いのかもしれない。

そんな心理状態が出火時に影響を及ぼしているのではないか」と推測する。

今後は各事例の分析を進め、団塊世代の男性の死亡率がなぜ高いのか、解明したいという。

あくまでも推測の域を脱しない話ではあるが、何らかの社会的要因が影響しているのではないかという意見が多い。

この年代の男性はリストラや早期退職などを経験している人が多いのが特徴だが、こうした経済的要因や精神的ストレス、希望の見えない世相などが、例えば、乱雑な部屋での寝たばこや泥酔など間接的に火災を生みやすい生活要因となっている可能性があることは否めないであろう。






posted by 孤独も好きかも! at 14:24 | 高齢者の一人暮らし
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。