==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


一人暮らしの節約 /  一人暮らしのメリット・デメリット /  一人暮らし レンタル /  一人暮らしの為の物件探し /  部屋作り(インテリア) / 
一人暮らしのレシビ /  一人暮らしの防犯 /  一人暮らしの病気の対策 /  一人暮らしとペット /  便利なサービス /  一人暮らし お付き合い / 
生活援助・制度・支援 /  芸能人の一人暮らし /  一人暮らしに必要な最低限の知識 /  一人暮らしとパソコン /  一人暮らし 掃除知識 / 
一人暮らしの健康管理 /  一人暮らしで寂しい時の過ごし方 /  一人暮らしの食事 /  一人暮らしのリフレッシュ /  害虫駆除 /  一人暮らしと冷蔵庫 / 
一人暮らしの楽しみ方 /  一人暮らし リサイクル知識 /  おひとりさまシリーズ /  旅行 一人暮らし /  一人暮らしとダイエット /  一人暮らし 防災・非常食 / 
学生の一人暮らしについて /  一人暮らしと不動産 /  一人暮らし 知っ得情報 /  一人暮らしと保険 /  高齢者の一人暮らし /  引越しの手順 / 
シングルマザーの子育て 一人暮らし /  ひとり親家庭の援助 /  一人暮らし 熟年離婚 / 

申し込み・契約 一人暮らし 学生



◆一人暮らしのお役立ち知識の『 申し込み・契約 一人暮らし 学生 』を紹介します。◆
申し込み・契約 一人暮らし 学生

希望条件に合った部屋が見つかったら、不動産で申し込みを行う。

申し込みでは、所定の申込用紙に自分の現住所や進学先、連帯保証人の勤務先や年収などを記入する。

記憶ではあいまいな部分もあるので、事前にどんな項目があるのかを確認しておこう。

申し込みを受けた不動産会社や大家さんは、入居審査を行う。

契約前に宅地建物取引主任者という資格を持った人から「重要事項説明」を受ける。

内容は、ペットの飼育や楽器演奏などの禁止事項、賃料の支払日や支払方法、更新のルールなどについて。

重要事項説明が終わると、契約書の内容確認に移る。

重要事項説明で触れた内容の再確認や、より細かい取り決めなどが、契約書の条文に沿って説明される。

すべてを理解して、内容に納得できたら、いよいよ契約書に署名・押印して契約成立だ! 申し込みを行うまでに確認しておきたい事は次の通り。

1)申し込み時に「申込金」または「預かり金」という名目のお金を要求される事があるので事前に要不要を確認する。
このお金は、申し込みをキャンセルしたら返してもらえるので必ず「預り証」を発行してもうこと。

2)家賃の発生日を確認しておこう。
家賃は、その部屋に入居可能になった日から支払う。
1ヶ月に満たない分は日割り計算になる。

3)契約のために再び上京する必要があるのかどうか確認する。
不動産によっては、費用は銀行振り込みで書類は郵送でOKの場合もある。

4)契約時には様々な書類や印鑑が必要になるので、事前に確認しておく。

5)鍵の受け渡しがいつになるのかも確認しておこう。






posted by 孤独も好きかも! at 14:05 | 学生の一人暮らしについて
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。